読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

habakiの影ブログ

ネット界隈の隙間でひっそりと生きる

お名前.comでの独自ドメインの取得とはてなブログでの設定の仕方

f:id:ywdc:20170414204546j:plain

はてなブログProへと移行したので、今度は独自ドメインを取得してみた。一連の流れをそのまま書いた備忘録ですが参考になればどうぞ。

ドメインサービスは、お名前.comを使用することに

どこのサービスがいいかは正直よくわからないが、とりあえず知名度があり値段も比較的安価で手を出しやすいお名前.comを利用することにした。



何かトラブルがあった際に既に情報が拡散されてて、すぐに対応しやすいだろうと思ったのも理由の一つ。別にスタードメインでもムームードメインでもどこでもいいのだろうが、このあたりはお好みで。

ドメインは定番の.comのドメインで決めた。699円/年と値段もお安い。.xyzなんか30円だぞ、30円て……チョコバットかお前は。安いのもいいけど、いかがわしさを匂わせるのはよろしくないかと思うので、こだわりがなければ無難なこれでいくのがいいでしょうなあ(イメージ的に)

自分のブログのドメインは「habaki4.com」とした。


ドメイン取得後は、はてなブログのアカウントに設定を


「設定」→「詳細設定」で取得した独自ドメインを設定…するのだが、この際にサブドメインの設定が必要になる。「独自ドメインの設定方法」というリンクで説明しているが、これだけでは疎い人はどうもよくわからんことになると思う(俺とか)

簡単に言うと、ドメインサービス側でサブドメインを参照する「CNEMEレコード」を作り、そこにはてなブログを設定するということをしなければならないらしい。作成手順については以下のように記載されている。

f:id:ywdc:20170413214955j:plain


これをお名前.com側で作成すればいい。手順についてはこんな感じになる。まずドメインnaviトップから「ドメイン設定」を選択し、「ネームサーバーの設定」にある「DNSレコード関連機能の設定」を選択。


f:id:ywdc:20170413215004j:plain


登録したドメインを選択し先に進み、「DNSレコード設定を利用する」を選択。CNEMEレコードを作成できるので、下記のように記入する。サブドメインに関しては、個人でそれぞれ好きに設定する。

自分はとりあえず「www」とした。


f:id:ywdc:20170413215007j:plain


ここまで設定できたら、今度ははてなブログ側で「設定」→「詳細設定」から独自ドメインを設定すればOK。ちなみにドメイン設定が有効になるまでにタイムラグがあるので、ドメイン設定のチェックが有効にならない場合は、しばらく待ってみてから確認するようにしておくれ。

これで自分のはてなブログのアドレスはwww.habaki4.comになった、というわけである。参考になっただろうか。


それでは。

はてなブログProにした話。スマホで見ることを前提にするなら必須かもしれん

f:id:ywdc:20170412234637j:plain

どうもです。


晴れて、はてなブログProに登録してみたぞ!記事もロクに書いてないけどな!
検証だよ検証!(やけくそ)


……というのはまあ半分冗談で、一応ちゃんとした理由もあったりする。
それを書いていこう。



そもそも、Proになると何ができるのよ?


という話になる。登録用ページには以下のようなメリットを紹介している。コメントしつつ進めよう。

複数ブログが持てる


無料でも3個も持てるところを10個に!すげえ!そんなに書くことねえ!
やり手の人はジャンル別にいっぱい記事書いてPVもガッポリだったりするのだろうか(適当なイメージ)

独自ドメインが使用できる


実際どうなのか、って話なんですが、ぶっちゃけGoogleアドセンス通すなら必須なんだと。このブログは通るのかどうかわからんけどやってみようかな?対して費用もかからなそうだし……

広告を非表示にできる


これはいいよね!消した所に広告載せられるよ!収益化!収益化!


ブログメンバー(複数人でのブログ編集管理)


ぼっちの俺に喧嘩売ってんのか( ゚д゚ )


キーワード自動リンクをオフにできる


勝手にリンク貼られてうぜえ!というストレスを軽減化できる。うっかり踏んでリンク先に移動してしまうということを防げる。ある意味罠だよね、これ……


ヘッダ、フッタを非表示にできる


よりすっきりしたデザインを求めたい人にオススメ!なのだろうか。外観を弄りまくればはてなブログであることすらわからなくすることもできるという……。意識高い人向けの設定。俺もやってみよう。なお理由は特に無い。


記事URLを引き継げる


他所から引っ越してきた人向けってやつですな。俺には無関係だがありがたい人もいるのだろう、と思う。


写真アップロード容量追加


月に300MBが3GBに!カラダもってくれよ10倍界王拳状態である。そんなに貼る写真が無い。




とまあ色々あるが、自分がProにするために選んだメリットはそのどれでもなかったりする。



俺がProを選んだ理由


自分が重視した点はずばり!


スマホ表示でのHTML記述ができる


という点だ!

ていうか無料だとできないの酷い。おのれはてなブログ。今日日はPCよりもスマホからブログにアクセスする人の割合のほうが多いのわかってての狼藉か。


www.similar-web.jp



他にも自分が懸念した部分として


・レスポンシブデザインを設定することも可能だが、設定がイマイチ不明のため、かえって見づらくなるのではないか。PCでカスタムしたものとは別になるんじゃないか

・はてなブログにはアプリがあるので、それで見ることを前提に考えて行く必要があるんじゃないか


ってのもある。せっかくブログに来る人を楽しませようとデザインCSS弄って見た目を凝った仕様にしたにも関わらず、多数派となっているスマホ層に見えないのではモチベーションも下がるよ!って話になると思わないか。思わないか、そうか。



登録した内容


1月単位の更新でやってみることにした。1008円/月となる。
2年契約なら600円/月になるそうだが、そこまで続ける目処も立ってない、収益化はできてない状態ではさすがに勇気がいるなあ、ということでパス。まとめて払うと結構な値段だしね。そんぐらいすぐに儲けてペイしてやるわい!という豪気な人以外はおすすめできないヨ。




というわけでProになったこのブログをこれからもどうぞよろしく。
次回は独自ドメイン取得について書く(と思う)


また気が向いたら来ておくれ。

おしまい

amazonアソシエイトに申請してみた話


(c) .foto project


そこそこ記事も増えてきたので、物は試しとAmazonアソシエイトに申請してみた、という話。とは言ってもこのブログ、記事も少なければ閲覧数も少なく、通る通らないに関わらず収益はまあ無いに等しい。これはどちらかと言うと収益化のためじゃなく、検証に近い。

実際にやってみてどうだったのかを簡易ながら、備忘録として残しておく。
参考になるかはわからないけども…


申請時の状態


・はてなブログPRO未加入
・記事数10以下
・ブログ開設4ヶ月目
・申請に使用したamazonアカウントは長年使用、プライム加入済み


何しろ記事数が少ないもので特に目立ったこともせず、著作権に関わるような画像も載せず、他のアフェリエイトサービスも使用せず、ASPにも登録していない状態。この状態で申請を送った。自分で言うのもなんだが魅力が特に無いコンテンツなので落ちてもしょうがないと言えるな、うん(-_-;)


結果

なんと通った。

あまりに呆気なさ過ぎて、最初通ってることが理解出来なかったぐらい。すぐにメールが返ってきた。数日ぐらいかかると思ったのだが。もしかしてプライムに加入していたアカウントが良かったのだろうか?

コレで俺とAmazonは義兄弟の契を交わしたわけだ(違う)

特攻の拓で言うところのブロウよブロウ。


だが落ちる人は落ちるらしい

satokenr.com


収益化に必死な人だと死活問題になるのだろうか?俺にはよくわからん。ちなみに落ちた場合、全くノーヒントというわけでもないらしい。とりあえず利用規約によると以下に該当するブログはアウトになると思われる。

(a) 性的に露骨な内容を奨励または含むサイト。

(b) 暴力を奨励するまたは暴力的内容を含むサイト。

(c) 誹謗中傷を奨励するまたは誹謗中傷的な内容を含むサイト。

(d) 人種、性別、宗教、国籍、身体障害、性的指向もしくは年齢による差別を奨励する または差別的慣行を用いているサイト。

(e) 違法行為を奨励または実行するサイト。

(f) 甲またはその関連会社の商標や、甲またはその関連会社の商標の変形またはスペル違いをドメイン名、サブドメイン名またはソーシャルネットワークサイトのユーザー名、グループ名その他のアカウント名に含むサイト(例については、商標ガイドラインをご確認ください。)。

(g) その他知的財産権を侵害するサイト。

(h) 上記のほか、甲が本プログラムに適切でないと判断するサイト。



引用:Amazonアソシエイト・プログラム運営規約


この規約のどれかに引っかかってるので、そこを修正すればいけるそうな…と他人事で言うのは簡単だが、これブログ運営が長くて記事も多い人は相当に骨が折れる作業なんだろうなあ。お疲れ様です。

通った場合でも留意すべき規約

全文を載せたりはしないが、留意すべき点は以下。

乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに 「Amazon.co.jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。甲は、この文言を適時変更することがあります。


引用:Amazonアソシエイト・プログラム運営規約


ブログのどこかに参加者であることを載せなければいけないらしい。みんな知ってた?守らないと激おこでメールが飛んでくるかもしれん。まあアレだ、仲間内でやるゲームでの一幕

「お前UNOって言ってねーだろ」

案件を引き起こすようなものだと思っておこう。俺は思った。

どこにこれを載せたらいいものかと迷ったが、自己紹介のページにでも書いておくといいのかな?それよりも特に売りたいものがイマイチ無いので、記事のネタに付き合わせる形でリンクを貼るような感じになっていくんじゃないかと思う。当面は。


しっかり守って楽しいアフェリエイトライフ(なんだそれは)を送りたいものだ。



はてなブログへの関連付けを忘れずに

使用する前に……
「アカウント設定」→「AmazonアソシエイトID」でIDの登録を忘れちゃダメだぞ。焦るな。



Mobile Popoverの設定の仕方

モバイル専用、つまりはスマホ表示用の設定でアソシエイトのトップページで紹介しているのがこのMobile Popover。ポップアップ広告じゃないのかこれ(汗)売上が上がるらしいが設定する必要あるのか?と思ったが一応やり方を記載しておく。


画像で説明するとこうだ!はてなブログではこのようにやるのだ!

f:id:ywdc:20170413002824j:plain


f:id:ywdc:20170413002834j:plain





どうしても審査に通らん場合は


そういう人は既に解決法を見つけているかもしれんが、一応ここでも触れておきたい。


もしもアフェリエイトが良さげ


もしもアフェリエイトは、ASP(アフェリエイトサービスプロバイダ)のひとつ。ここに登録して、ここからAmazonへ申請を送るのだ。こっちだと通った、という報告もある様子。手数料とか収益にボーナスがついたりとかこっちでも似たようなことが出来る。楽天とAmazonに特化した「かんたんリンク」機能が初心者にはありがたい。

以下にリンクを貼っておく。興味のある人は是非↓

自分も試してみたが、アソシエイトに通ってても、もしもアフェリエイトを通す場合は改めて申請を送る必要があるようだ。
で、こっちも問題なく通った。なんか嬉しいぞ。



まあこんな感じでした。


おしまい

長距離ランニングでの「補給」の仕方を考える

昨日は16.5km、時間は1時間40分程度でランニングを行った。

去年には10km程度走れていたので、今年は距離を伸ばし最終的には20kmを2時間程度まで伸ばせれば上等だと思っていたので、とりあえずは順調らしい。

今現在、軽い筋肉痛は来てるんだけどね(;´Д`)前日にジムで2時間もトレーニングしてたのも効いてるか。よく帰ってこれたなあとしみじみ。

10kmまでは気にもしなかったが、距離を伸ばしてくると考えないといけないのが「補給」の問題。今はまだそこまで気温も高くないから大丈夫だったが、途中で水分なり電解質なり摂っておかないと今後はへばって走れなくなるんじゃないかと感じるようになった。水分だけの話ならどこかコースの途中で公園に寄って飲めば……とも思わなくもないが、電解質が取れないとそもそも帰れる気がしないし、衛生的にちょっとなあ、という抵抗感も無くはない。

となれば持参して行くしかないが、かと言って荷物になるのも困る。ペットボトル1本でも結構なもので、手持ち無沙汰になるのは予想出来る。

ポイントとしては

・軽量でかさばらないこと
・痛みにくいこと

だろうと思う。まあ荷物はランニング用のリュックを買うのが早いんだが、汗かくと蒸れるのがなんか嫌なんだよなあ。
とにかく軽量化と衛生面に拘って考えてみた。あと安価で済ませるのも大事。繰り返し使いたいし。

用意したもの

ダイソーに行ったら使えそうなものが多く、一通り揃ったのでこれでいい気がした(投げやり)



f:id:ywdc:20170405231259j:plain



左から順に

・伸びるウエストポーチ
・ミニペットのお茶200ml
・塩分、電解質系のタブレット

となる。

伸びるウエストポーチ(名称がいまいち不明)

このタイプのウエストポーチは一時期結構流行ってた気がする。100円で買えるのは驚き。
スポーツ専門ショップでも売ってるがおおよそ5倍はするぞ。安い。
これに水分を入れていけばよい。伸びるので使い道も多そう。

ミニペットのお茶

お茶は別に中身は不要で、この形のペットボトル、というのが最も重要。
500mlでは重すぎる、280mlの小さいやつでも横幅が大きくかさばる、そこに来てこの小型の200mlペットである。このタイプのやつはもっと出回ってもいいと思うのだが需要が無いのだろうか?(このお茶以外では経口補水液のペットがこのタイプに近い)
これに水もしくはスポーツドリンクを入れておけばいいという寸法。塩と砂糖で経口補水液を自作するのもいいかもしれない。
ちなみに2本で100円。安い。

塩分、電解質タブレット

電解質タブレットは、まさか売ってると思わず、即買いしてしまった。
確認したところ30粒入って100円だった。安い(しつこい)
水分とのバランスも記載してあったが。1粒あたり50mlの水を取るのがよいらしい。200mlなら4粒か。


これらを入れて走りに行けば、そうそう潰れることはないと思う。後は個人の頑張り次第。
俺も頑張るから君も頑張れ。

おわり

レジェンドゲームガシャットを買ってきた

  • みんなは仮面ライダー観てるかね?

俺はぼちぼちだが、主要アイテムのガシャットが結構楽しいかつ

子供が喜んで遊んでるので、玩具はガッツリ追いかけてる感じ。

ベルトは添え物的な感じでアレだが、単体で遊べるのはプレイバリューが高いよね。

最近はストーリーも面白くなってきており(特に社長ことゲンムのキャラが非常に愉快。でもいなくなっちゃったけど)

 

で、今回のネタは、その中で発売されてる「レジェンドゲーマーガシャット」についてだ。

 

 

 

レジェンドゲームガシャットとは

 

ネットムービーでのいわゆるコラボ企画で登場したガシャットになる。

詳しくはこちらの動画を観るべし。

 

www.youtube.com

 

かつてのナムコ黎明期を支えたあの名作がガシャットに!的な謎の感動が。まあバンダイとナムコがくっついたから出来た企画だね。

 

全部買ったわけではないんだけど、一応主要キャラのものは揃えたので記事を書いてみた次第。

 


f:id:ywdc:20170321212650j:image

 

紹介するのは以下の3つ

 

  • パックアドベンチャーガシャット
  • ファミスタガシャット
  • ゼビウスガシャット

 

パックマンとファミスタは既に発売済み、ゼビウスは一昨日に発売されている。

ガシャットの販売はどうも数を絞っている様子で、上記2つは既に売り切れている店舗も出て来てるので、ほしい人は早めに押さえておくことをオススメする。

 

 パックアドベンチャーガシャット

エグゼイドが使用。LV3ゲキトツロボッツのリペイントぽい。

パックマンは冬の映画でも敵キャラとして登場してたのでチョイスとしては妥当と考える。

発光パネル部がちゃんとゲーム画面になってるのは芸が細かい。

(これは下記のガシャットも同様だが)

 

 ファミスタガシャット

ブレイブが使用。LV3ドレミファビートのリペイントぽい。

しかしなんでファミスタなんだろうか…略語が名前になってるのも違和感がある。

アーマーにうまく該当する作品が無かったとかいう大人の都合もあるのか。スピーカー部をバックライトに見せる力技がスゴイ。

正直なところ買うのもどうしようかと思ったが、鳴らしてみるとBGMが軽快で意外と悪くない。

が何度も聞くと結構鬱陶しい。

 

 ゼビウスガシャット

 スナイプが使用。LV3ジェットコンバットのリペイントぽい。

これは個人的に凄く嬉しい。背面がちゃんとソルバルウになってるのは上手いなあと感じた。

ラベルにアンドアジェネシスとシオナイトまで載せているのにはニヤリとさせられる。

(今度の映画ではゼビウスがネタになってるらしくアンドアジェネシスも出るそうな)

鳴らした時のアレンジBGMが実に心地よい。 これは飽きないね。

 

 他にもまだ出るらしい

ネットムービーの完結編に当たるDVD「仮面ライダーゲンム」では付属で「太鼓の達人」ガシャットが

 

来週に公開になる劇場版スーパーヒーロー対戦の中で登場する限定品として「ギャラクシアン」ガシャットがそれぞれ発売されるそうだ。

 

p-bandai.jp

 

DVDは一般販売もあるのだろうが、ギャラクシアンガシャットはプレミアムバンダイでしか手に入らないので予約するしかなさそう。

ギャラクシアンか…うーむ……正直微妙だ………

 

こんなのもあったらいいのに

 

ブレイブはドルアーガの塔ガシャットにならんかったのかなあというのが感想としてある。せっかくのファンタジーRPG系モチーフなのに。クレジット音とステージ開始BGMが鳴ってくれたら相当テンションが上がると思うんだけどね〜

スナイプにはF/Aのガシャットとかどうだろう?マイナー過ぎてコラボ感が全くないのが難点か。

レーザーが存命だったらギリギリチャンバラ→源平討魔伝や未来忍者もあり得たかも(ないわ)

 

個人的にはアウトフォクシーズガシャットが欲しいです。

 

番組終わっちゃうよ!

 

 

 

おしまい

 

 

もやしの値段を見直す時期なのか

もやし業界が大変だ

というニュースをやってた。

もやし業界 窮状を訴え 度を超す特売 早急に歯止め (日本農業新聞) - Yahoo!ニュース

 

実際やたらと安い

確かにスーパーに行くともやし安いんだよね。

 

具体的に値段を言うと、

普通のスーパーだと38円前後。

ドラッグストアだと28円前後。

ディスカウントストアだと18円で売られてて

さらにセール時だと9円まで落ちるのを確認してる(庶民派なので)

冷静に考えるとうまい棒より安い。

 

原価いくらなんだ…といつも疑問には思ってたが、やはり生産者にしわ寄せが来てたのか。

業者も半分近くまで廃業してればそりゃ必死にもなるわって話で…

 

もやしは安いし料理のバリエーションもつけられるしおかずのかさ増しとしても優秀だし、やっぱり無くなっちゃ困るよね。

 

後々自分らみたいな消費者が困らないよう、小売りももうちょっと慈悲の心を見せなきゃダメなんじゃないかな。

 

例えば、小売りの値付けを無視して生産者側で最低値をつけるとかってのは無理なのかな?この手の業界には明るくないので実際出来ない事情があるかもしれないけど。

 

ちなみに業界の理事長曰く

 

度を超えた値下げ競争をやめ、せめて1袋40円で売ってほしい

 

だそうで。それでも40円でいいのか…

 俺ら消費者も多少の痛みを伴わないと改善は難しいだろうけど、40円でぐらいならまあいいかって気にもならないか?ならない?いやそこを何とかしていこうよ。

 

というお話。

 

おまけ

こんなニュースを取り上げた後に、近所のドンキホーテで売られてたもやしの値段が衝撃的だった。

 
f:id:ywdc:20170318132856j:image

 

ご縁があるよチョコ並に下げるんじゃないよ(-_-)

 

 

 

 

なぜ男性用トイレにはオムツ交換用スペースがないのか

いや久しぶり。たまには出かけ先で思ったことなどを書いてみたい。

 

今日は天気が良かったから家族みんなでおでかけ。観光地やショッピングモールなどへ行き、それなりに楽しく過ごせた。

 

途中で買い物とかしてあれこれ飲み食いしてたから子供等も頻回にトイレに行ったりする。

 

別に生理現象なので結構なことなのだが、一番下の次男は未だオムツ世代(世代って何だ)なもので、その度にトイレに駆け込むのだが、男性用トイレって本当にオムツ交換スペース(壁からガシャンと下ろして使用するアレ)がないんだよな。


f:id:ywdc:20170312175246j:image

 

観光地にもモールにも見当たらず、結局車の中まで戻って換えるということが2回ぐらいあってゲンナリしてしまった。

 

 

嫁に頼めばよかろうと思うだろうが核家族で3人も小さな子供が居ると、一緒に行動してるとまあ常に何かしらある訳で、その都度嫁に依存するのは悪いし、自分がやった方が手間が省けるケースもあるんだよね。

 

いつも行ってる買い物先には多目的(障害者用などで広く使える)トイレがあって不便に感じなかったので、普段あるものがないとこんなにストレスがたまるとはと思わされた出来事だった。

 

 

たまたま多目的トイレが見当たらなかったってだけなのかもしれないけど。それはそれで社会的弱者に優しくないからもうちょっと増やしていってほしいよなあ。

 

結局男性用トイレに設置しても需要なんかないからってのはわかるんだ、わかるんだけどね、モヤモヤするんだよねえなんか。

 

 

 

ちなみに車の中で交換したオムツはビニール袋に包んでトイレのゴミ箱に捨てました。

 

不便を強いられたのでそのぐらいはいいよね?いいよね?

 

多分……(;´Д`)

 

 

おしまい