habakiの影ブログ

ネット界隈の隙間でひっそりと生きる

ZenFone4 MAXが発売されるとのこと。12/8発売で24,800円

habakiですこんばんは。


ASUS JAPANが12/8にZenFone4MAXを発売するそうです。



f:id:ywdc:20171205201513j:plain


どのような仕様になっているのかまとめてみました。



ZenFone4MAXのスペック

OS Android 7.1.1
CPU Snapdragon 430 1.4GHz
カラー ネイビーブラック、サンライトゴールド、ローズピンク
RAM/ROM 3G/32GB
外部ROM microSDXC×1(最大256GB)
ディスプレイ 5.2インチ HD(1.280×720) IPS液晶/Adreno 505
サイズ/重量 150.5×73.3×8.7mm/156g
カメラ ■アウトカメラ:1.300万画素+500万画素広角カメラ ■インカメラ:800万画素
バッテリー 4.100mAh
ネットワーク ■FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B26/B28 ■TD-LTE B38/B41 ■W-CDMA B1/B2/B5/B6/B8/B19 ■GSM 850/900/1.800/1900MHz
通信機能 IEEE802.11b/g/n(2.4GHz) Bluetooth4.2
SIMスロット nanoSIM×2(DSDS対応)
センサー GPS、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、指紋センサー
インターフェイス microUSB typeB
同梱品 ACアダプタ、SIMピン、ZenEar、ZenEar交換用ピース、OTGケーブル、マニュアル、保証書
価格 24,800円


どうやらUSBはType-Cではないようでちょっと残念。バッテリー容量はZenFone3MAXと同じですが、メモリやストレージの容量がアップしてて余裕があります。


CPUはSnapdragon 430でZenFone3 Laserと同じものになっています。antutuベンチマークスコアでは40000台前半程度となっており、処理の重たいゲーム等をプレイしないようなら普段使いには問題ないレベルではないかと思います。ZenFone3MAXのスコアは30000を切る程度だったので、性能面でも進化が見られていますね。


この機種の売りは何か

大容量バッテリーで最大37日間待受可能


リバースチャージ機能もありモバイルバッテリー替わりにもできます。ZenFone3MAXから継承された機能ですが、こちらは2倍給電速度が早いそうです。


デュアルレンズで広角120°の写真が撮れる


背面カメラががデュアルレンズになり、サブカメラが広角レンズになっています。Huaweiのデュアルとは広角を売りにしてる点で差別化がされてますね。どちらの使い勝手が良いのかな?


DSDS対応とトリプルスロットで2枚のSIMとSDカードを同時使用可


2枚のSIMを使い分けつつ容量の拡張ができます。新しい試みですね。


マルチキャリア、VoLTE対応


アップデートでauとワイモバイルVoLTEに対応予定だそうです。




ロースペックの価格帯のものでは色々攻めてる感じがあります。トリプルスロットは斬新。使うかどうかは別にして‥‥


値段と性能のバランスは悪くないと思います。



ASUS ZenFone4 MAX ZC520KL 【日本版】ゴールド【正規代理店品】(オクタコア/3GB/32GB/トリプルスロット/DSDS/4,100mAh) ZC520KL-GD32S3/A